クラミジアの検査が自宅でできる!性器クラミジア感染の検査は郵送検査で!

クラミジアとは

クラミジア感染数
性器クラミジア感染症の年齢群別発生状況
(国立感染症研究所より参考)

性器クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチスにより発生する性行為感染症です。

日本で最も多い性感染症で、クラミジア感染数は100万人以上とも言われ、特に若年層、女性に多くみられます。

 

クラミジア感染の原因
あらゆる性行為(オーラルセックス・キスなど)で粘膜に感染します。

感染部位は咽頭、男性の尿道、女性は膣内です。

自覚症状のない感染者はかなりあると推測されています。

 

クラミジアの症状

クラミジアの症状

感染後数週間で発症しますが、男性・女性ともに、感染しても症状を感じにくく、気づかない場合も多々あり注意が必要です。

男性の場合は、尿道から透明な膿や白っぽい膿が出てきたりして、痛みがある場合やムズ痒い場合もあります。
また、排尿後に膀胱に違和感が有ったり、睾丸部がなんとなく腫れて痛いなどの症状もあったりします。

放置しておくと、尿道経由で前立腺炎・副睾丸炎・肝炎・腎炎になる事があります。

女性の場合はおりものが増える事がありますが、やはり自覚症状はあまりありません。
おりものが臭ったり、多かったり、ちょっと黄ばんでる、時々お腹が痛いなどですが気づかないことが多々あります。

治療しなければ、子宮頸管炎・子宮内膜炎・卵管炎・骨盤腹膜炎・肝周囲炎・卵巣炎などを引き起こし、子宮外妊娠や不妊の原因となる事もあります。

 

 

梅毒の治療

クラミジアの治療

クラミジアの治療は、抗生物質・抗菌剤の投与で治癒します。

治療期間は2週間くらいです。

治療の途中で服薬を止めると、再び菌が勢いを盛り返し、治らないだけでなく耐性菌となってしまうことも有るので、最後まできちっと治療しなければなりません。

予防対策としては、不特定多数との性行為の自粛です。
性行為時に必ずコンドームを使用することも大切ですが、口から口へという場合なども考えられます。

 

 

クラミジアの検査

クラミジアの検査

性器感染の場合は患部から体液を採取、もしくは採尿し、クラミジアの有無を調べます。

 

クラミジアの検査にオススメの検査キット

GME 検査キット

ふじメディカルの検査キット

kensa.biz の検査キット


PR:   がんの早期発見に       遺伝子検査        薄毛は遺伝で決まる?!        【PET/CT検査】【脳ドック】